軽乗用車の中古車の選び方はどんな部分にあるのか


軽乗用車でも車種を考えて乗る

中古車の選び方の中でも、軽乗用車に関しては他の乗用車と比べて何か違いがあるのでしょうか。買うときに判断に迷う人は少なくありませんが、基本的な部分ではそれほど違いはありません。しかし、軽乗用車ならではの部分に注意をしなければならないため、あらかじめ確認をしてから選びましょう。

まず、予算や目的に合わせて選ぶことが重要です。軽乗用車はセダン・トールワゴン・SUVの3つに大きく分かれています。通勤や通常の移動であればセダン、買い出しや家族で出かけるなど大人数や大量の荷物を載せる場合はトールワゴン、悪路や雪道を走る予定があるのなら、SUVに乗ったほうがいいでしょう。なお、ワンボックスカーはトールワゴンと同様、車のスペースを考えて使うべき軽乗用車だといわれているため、参考にしてください。

エンジン部分をメインに確認を忘れない

中古車であれば少ない予算で高いグレードの車種を手に入れられますが、グレードや車種のみに目を向けず、内装やエンジンルーム、さらに足回りや電気系統に至るまで確認しなければなりません。車の本体はエンジンにあるといっても過言ではないため、心臓部分であるエンジン部分がきちんと整備されているか、正常かどうか確認して買うことが望ましいです。また、バランスがきちんとされているか、事故車かどうかの確認も忘れないようにしましょう。

なお、買うときにはアフターケアがしっかりしている店舗で買うようにすることが、万が一のトラブルを回避するために必要となるため、ネットの口コミを参考に必ずアフターケアのしっかりしている店舗を選んでください。

旧式のボルボの中古車は市場でなかなか見つかりません。営業担当者への相談やオークションを注意深く検索することがポイントです。